fbpx

ストレスの種類と原因について

ストレスの原因は、個人の生活環境や性格、ストレス感受性などによって様々ですが、一般的なストレスの原因は次の5つが代表的です。

仕事の量や質によるもの

仕事の量や質によるストレスの原因

仕事が多い、仕事時間が長く休日が少ないなど「仕事の時間や量」によって起こるストレスがあります。また、やりがいが感じられない、ノルマや目標が高すぎる、求められる責任が重いなど、「仕事の質」によってもストレスは溜まります。

仕事が忙し過ぎたり、合わなかったりするとストレスが生じますが、逆に閑職に追いやられるなど、仕事を取り上げられてもストレスが生じることもあります。

 

人間関係によるもの

人間関係によるストレスの原因

職場で感じるストレスの原因の第1位には、「人間関係」が挙げられています。
また職場はもちろん、友人関係や近所付き合いといったプライベートな場所でも、人間関係によるストレスは長期間にわたって大きなダメージを与えます。

 

現代人に多いパソコンストレスによるもの

現代人に多いパソコンストレスの原因

パソコンが苦手でなじめないというテクノストレスは、現代社会に適応できない不安とか焦りや、同じ姿勢で長時間にわたりモニターを凝視、操作し続けることなどから起こります。
また逆にパソコンやスマホのない生活に不安を感じたり、人間同士のあいまいさになじめなくなり、普通の人づきあいができないといったテクノ依存症というストレスもあります。

 

ストレスを溜めやすいという性格によるもの

ストレスを溜めやすいという性格による原因

競争心が強く、攻撃的でせっかちな人、義務感の強い人、真面目で完璧主義者などといった人は、その性格からストレスが溜まりやすいようです。
また、緊張や不安、不快な感情などをストレートに知多得ることができず、自分の感情を抑えたまま、無理に適応しようとする人もストレスを溜め込みやすいタイプです。

 

睡眠不足によるもの

睡眠不足にによる原因

睡眠によって心身を休めることで、リラックスできストレスを解消することができます。
しかし、仕事や家庭の事情で長期間にわたって睡眠不足の状態が続くと、睡眠不足自体が大きなストレスの原因となり、逆に不眠症状を引き起こすという悪循環に陥ることもあります。

 

 

 

【原因別のストレス解消方法】

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました